メール転送サービス利用規約(以下、「本利用規約」といいます。)には、コーディルテクノロジー株式会社(以下、「当社」といいます。)が提供するメール転送サービス(以下、「本サービス」といいます。)のご利用にあたり、お客様に遵守していただかなければならない事項及び当社とお客様との間の権利義務関係が定められております。お客様は、本サービスの利用の申し込みを完了する前に、必ず全文お読みください。本利用規約に同意いただけない場合は、本サービスの利用の申し込みをしないでください。

第1条(規約の適用)

  1. 本利用規約は、有償または無償で提供する本サービスの利用について、本サービスの利用の申し込みを行ったお客様と当社との一切の関係に適用されます。なお、お客様が本サービスの利用の申し込みを完了した場合には、お客様は本利用規約の全部についてご同意いただいたものとみなします。
  2. 本サービスの詳細に関して当社が本サービスのウェブページ上で別途定める本サービスに関する諸規定は、本利用規約の一部を構成するものとします。また、本利用規約の規定と本サービスに関する諸規定とが相違する場合は、本利用規約が優先して適用されます。
  3. 第3条に基づき利用契約が成立した場合、お客様は、申し込みをした利用条件の範囲内で本サービスを利用できるものとします。

第2条(本サービス)

  1. 本サービスは、LINE公式アカウント(以下、「本サービスアカウント」といいます。)を通じて提供されるサービスであり、お客様に提供する専用のメールアドレス(以下、「専用メールアドレス」といいます。)で受信したメールを、LINEのメッセージとしてお客様に転送する有償または無償のサービスです。
  2. 本サービスのうち無償で提供するサービス(以下、「無償サービス」といいます。)の範囲及び有償で提供するサービス(以下、「有償サービス」といいます。)の機能、範囲その他詳細については、別途お客様に提示します。
  3. 本サービスはLINEユーザー向けのサービスです。本サービスに関わる主なコミュニケーション(利用の申込みや利用停止を含みます。)は、LINEのメッセージ交換によって行われます。LINEの設定、利用は、お客様の負担及び責任において準備し、本サービスの利用に適した設定・維持を行うものとします。
  4. 本サービスは、日本国内向けのサービスです。日本国外からは本サービスを利用しないでください。
  5. 本サービスの内容は、当社の裁量により、お客様の承諾なく、変更または追加することができるものとします。なお、当該変更または追加により、変更前の本サービスのすべての機能・性能が維持されることを保証するものではありません。

第3条(利用契約の成立・期間・解約)

  1. 本サービスの利用契約は、お客様が、本サービスアカウントをLINEの友達として登録し、本サービスの利用の申し込み(本利用規約への同意が必要です。)を行い、当社が専用メールアドレスを提供する(以下、「利用承諾」といいます。)ことで成立するものとします。
  2. 当社は、お客様に以下の事由があると判断した場合、本サービスの利用承諾をしないこと、または、成立した利用契約を取り消すことができるものとします。
    1. 本利用規約に違反したことがある者からの申請である場合
    2. お客様が本利用規約上の債務の支払いを怠る恐れがあると、当社が判断した場合
    3. その他、当社が利用承認を相当でないと判断した場合
  3. 本サービスの利用期間は、利用契約成立日に開始し、第8条による解除がなされるまで有効に存続するものとします。

お客様は、本サービスアカウントへの利用停止のメッセージ送信、または、本サービスアカウントのブロックによって、いつでも利用を停止(以下、「利用停止」といいます。)することができます。

第4条(利用料金)

  1. 本サービスのうち、別途定める無償サービスの利用範囲において、利用料金は無償です。
  2. 無償サービス利用中に、利用範囲を超えて専用メールアドレスへのメール送信等を行った場合、当該サービス利用の試行は無視され、自動的に課金されることはありません。
  3. 本サービスのうち有償サービスの利用料金、支払方法その他詳細については、別途お客様に提示するものとします。
  4. 利用停止中は、有償サービスに関する新たな利用料金の請求を行いません。ただし、利用停止の申し込み時点でお客様が未使用の有償サービス機能または期間が残っている場合であっても、お客様が支払済みの利用料金の払い戻しはいたしません。

第5条(中断・廃止)

  1. 当社は、次のいずれかに該当する場合、お客様に事前に通知することなく、自らの判断により本サービスの全部または一部の提供を中断することができるものとします。
    1. 本サービスに関連して当社が利用する設備またはソフトウェア等の異常、故障、障害等により本サービスを提供できない事由が生じた場合
    2. 本サービスに関連して当社が利用するクラウド運営事業者の設備またはソフトウェア等の異常、故障、障害等により本サービスを提供できない事由が生じた場合
    3. 第三者による妨害行為等により本サービスの継続が当社に重大な支障を与えるおそれがあると当社が判断した場合
    4. その他、当社がその裁量により、前各号に準ずる理由で、本サービスの提供が困難と判断した場合
  2. 当社は、本サービスに関連する設備の定期保守、点検もしくは更新のため、お客様に事前に通知の上、本サービスの提供を中断できるものとします。
  3. お客様は、本サービス提供の中断により有償サービスを利用することができない状態が生じた場合であっても、当該期間中の利用料金の支払い義務を負うものとします。
  4. 当社は、本サービスのウェブページ上での告知その他適宜の方法によりお客様に90日前までに通知することにより、本サービスの一部または全部を廃止することができるものとします。

第6条(禁止事項)

  1. お客様は次の行為を通じて、本サービスに対して過大な負荷を与えたり、障害を誘発させようとしたりしてはいけません。
    1. 専用メールアドレスへの大量メールの送信
    2. 専用メールアドレスへの過度に大きなメールの送信
    3. 専用メールアドレスを不特定多数の第三者に公開し、スパムの脅威に晒すこと
    4. 本サービスアカウントへの大量メッセージの送信
  2. 専用メールアドレスを反社会的勢力等に開示したり、反社会的勢力が運営するシステム等に登録したりしてはいけません。
  3. その他、前二項に準ずる行為を行ってはいけません。

第7条(提供の停止)

  1. お客様が以下のいずれかに該当する場合、当社はお客様への事前の通知を要することなく、本サービスの提供を停止することができるものとします。
    1. お客様が本利用規約に反する行為を行った場合
    2. 当社がお客様に対して、支払い遅滞の通知をしたにもかかわらず、お客様が本サービスの料金の支払いを怠った場合
    3. お客様が反社会的勢力等である、または資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与する等反社会的勢力と何らかの交流もしくは関与を行っていると当社が判断した場合
    4. その他、当社がその裁量により本サービスの利用が適当でないと判断した場合
  2. お客様は、本サービス提供の停止により有償サービスを利用することができない状態が生じた場合であっても、当該期間中の利用料金の支払い義務を負うものとします。

第8条(解除)

  1. 当社は、本利用規約第6条(提供の停止)の規定により本サービスの提供を停止されたお客様が、当該停止日の翌日から14日以内にその事由を解消しない場合は、お客様への事前の通知もしくは催告を要することなく即日、利用契約の全部もしくは一部を解除することができるものとします。
  2. 当社は、お客様に次の事由が発生した場合お客様への事前の通知もしくは催告を要することなく即日、利用契約全部もしくは一部を解除することができるものとします。
    1. 破産、特別清算、民事再生手続開始もしくは会社更生手続開始の申立があったときまたは信用状態に重大な不安が生じた場合
    2. 差押え、仮差押、仮処分、競売の申立または公租公課の滞納処分を受けたとき
    3. 手形、小切手の不渡り処分を受け、または銀行取引停止処分を受けたとき
    4. その他お客様の責めに帰すべき事由により、お客様と当社との間の信頼関係の維持が困難となったとき
  3. 前二項の規定により利用契約が解除された場合、既に支払われた利用料金は返金しないものとします。

第9条(保証の否認・責任の制限)

  1. 当社は、適用ある法令の許容する限りで、本サービスの利用に関連してお客様または第三者に生じた損害につき、一切の責任を負わないものとします。ただし、適用ある法令により当社がお客様に対して損害賠償責任を負うことがある場合においては、適用ある法令の許容する限りで、当社の損害賠償責任は、お客様に現実に発生した通常の損害に限定され、損害賠償の額は直近の一年間にお客様が当社に支払った料金の総額を上限とします。
  2. 当社は、本サービスに事実上または法律上の瑕疵(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、特定の目的への適合性、セキュリティ等に関する欠陥、エラーやバグ、権利侵害等を含みます。)がないことを明示的にも黙示的にも保証しません。
  3. 前項の瑕疵の有無にかかわらず、当社は、専用メールアドレスへ送信したメールが転送されることを保証しません。当社は、インターネット上の様々なシステムの障害や不具合等により、メールやメッセージの喪失は生じうるものと理解しています。
  4. 前各号の定めにかかわらず、いかなる場合においても当社は、本サービスの提供に関連し、以下に定めるお客様または第三者に生じた損害については一切責任を負わないものとします。
    1. 当社の責に帰すべからざる事由から生じた損害
    2. 当社の予見の有無に拘らず、特別の事情から生じた損害
    3. メールまたはメッセージ等情報の消失、改ざん、流出、毀損等に起因する損害
    4. 本サービスの変更、本サービスの中断、本サービスの停止または廃止から生じた損害

第10条(反社会的勢力の排除)

  1. お客様は、現在、お客様が反社会的勢力に該当しないこと及び次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ今後も該当しないことを確約します。
    1. 暴力団、暴力団構成員、準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、政治活動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団、その他の反社会的勢力(以下、「反社会的勢力」といいます)である場合、または反社会的勢力であった場合
    2. 自らまたは第三者を利用して、当社に対して、詐術、暴力的行為または脅迫的言辞を用いる等した場合
    3. 当社に対して、自身が反社会的勢力である旨を伝え、または、関係団体もしくは関係者が反社会的勢力である旨を伝える等した場合
    4. 自らまたは第三者を利用して、当社の名誉や信用等を毀損し、または、毀損するおそれのある行為をした場合
    5. 自らまたは第三者を利用して、当社の業務を妨害した場合、または、妨害するおそれのある行為をした場合
  2. 当社は、お客様が前項の規定に違反した場合、お客様への催告を要することなく即日、本利用契約を解除することができるものとします。
  3. 当社は、前項により利用契約を解除した場合には、お客様に損害が生じたとしても、一切の損害賠償を負担しないものとします。

第11条(規約の変更)

  1. 当社は、お客様の事前の承諾を得ることなく、本利用規約をいつでも変更することができるものとします。本利用規約が変更された後の本サービス提供条件は、変更後の利用規約に拠るものとします。
  2. 当社は、前項の変更を行う場合、変更後の利用規約を本サービス上もしくは本サービスのウェブサイト上で30日以上の予告期間をおいて表示するものとし、同期間が経過した時点で効力を生じるものとします。

第12条(個人情報の保護)

  1. 当社は、本サービスの提供に関連して取得した個人情報を法令及び当社が公表するプライバシーポリシー(http://www.codyltech.com/privacy-policy/)に基づき適切に保護します。
  2. 前項記載の内容に加え、当社は、お客様の個人情報を下記の目的で使用します。
    1. 本サービスの提供のため
    2. 問い合わせを受けた際の本人確認及び対応のため
    3. 本サービスの利用料金の請求のため
    4. 提供中の本サービス、新サービスの開発に対する意見の聴取のため
    5. 本サービスの利用状況を把握し、本サービスを改良するため
  3. 当社は、前項の使用範囲内で業務委託先にお客様の個人情報を開示することができるものとします。その場合、当社は当該委託先との間で必要な機密保持契約書等を締結し、必要な処置を講じることとします。
  4. 当社は、以下のいずれかに該当する場合にはお客様の個人情報を第三者に開示することができるものとします。
    1. あらかじめお客様の同意が得られている場合
    2. 法令に基づき開示しなければならない場合
    3. 人の生命、身体または財産の保護に必要があり、本人の同意を得ることが困難な場合
    4. 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進に特に必要であって、本人の同意を得ることが困難な場合

第13条(通知)

本サービスに関する通知その他本利用規約に定める当社からお客様に対する通知または連絡は、当社の定める方法によって行うものとします。通知は、当社からの発信によってその効力が生ずるものとします。

第14条(譲渡禁止)

お客様は、利用契約上の地位または本サービスに基づく権利義務を第三者に貸与、譲渡、移転、担保設定その他の処分をすることはできないこととします。

第15条(準拠法・合意管轄)

  1. 本利用規約の解釈にあたっては、日本法を準拠法とします。
  2. 本サービスに関して紛争が生じた場合には、当社の本店所在地を管轄する裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第16条(完全合意)

本利用規約は、本サービスに関する当社とお客様との完全な合意であり、書面か口頭かにかかわらず、本利用規約に関するすべての従前または同時期の合意、提案、または表明に優先します。適用法に従って本利用規約のいずれかの部分が無効または強制執行不能と判断される場合、無効または強制執行不能な規定は、当初の条項の意図に最も近似する有効かつ強制執行可能な規定に差し替えられるものとみなされ、本利用規約の残りの部分は、有効に存続するものとします。

第17条(協議)

本利用規約に定めのない事項または本利用規約の条項につき疑義が生じた場合には、お客様及び当社は誠意を持って協議し、円満に解決を図るものとします。

最終更新日:2021年2月17日