Codyl Findとは?

Codyl Findとは、企業内のプロフェッショナルの能力を最大限発揮できる環境を作り、企業が生み出す価値を高めるサービスです。

近年、働き方改革によって、在宅勤務やサテライトオフィスなど、物理的な場所にとらわれずに仕事ができるようになっていますが、一方で、同じ場所で働いていないことに伴う無駄な時間やストレスも増えています。

Codyl Findは、そのような無駄な時間やストレスを削減し、各メンバーの専門性を発揮できる時間を増やし、生産性を最大限発揮できる環境を提供します。

キーワード:働き方改革、プレゼンス、コミュニケーション、行動記録、工数記録、行き先掲示板、行動予定表、位置情報

Codyl Findでできること

  • プレゼンス共有
  • メンバーのプレゼンスを一望することができます。所属やビル、会議室などで絞り込んだり、キーワードでの検索も容易です。
    居場所や予定情報は自動的に更新されるので常に最新のプレゼンスを確認できます。
    カレンダーの予定からはわからない、外出後の戻り時間やNR(直帰)などの情報や、電車遅延などの状況、集中して考えたいので割り込んで欲しくないなどの気分もメンバーに伝えることができます。

  • コミュニケーション
  • 1:1でチャットできるだけでなく、グループチャットもできます。
    会議で集まったメンバーで即席のチャットグループを簡単に作成できます。作成したチャットグループは使い捨てにすることができ管理が不要です。
    スマートフォンにプッシュ通知が届くのでメッセージを取りこぼしません。

  • 行動(工数)記録
  • 位置情報付きの出勤/退勤記録ができます。
    プロジェクトや工程ごとの開始時刻、終了時刻も記録でき、記憶ベースの工数管理を記録ベースにできます。
    位置情報を関連づけてメモを取ることができるので、メモしたときの付帯状況が容易に思い浮かべられます。
    保存した行動記録は、CSVとして出力することができ、客観的な勤務時間把握が難しい直行/直帰の妥当性などを確認したり、出退勤簿と比較したりできます。
    AWS S3へ行動記録を定期的に自動保存することができます。

活用シーン

  • リモート勤務メンバーと本社勤務メンバーのすれ違いをなくす
  • 在宅勤務中でも本社メンバーのプレゼンスがわかるので、在席中を確認して気楽に電話をしたり、相手が見えないことで発生するストレスやすれ違いをなくすことができます。また、リモートに常駐しているメンバーの本社への帰属意識も高まります。

  • サテライトオフィスの利用効率を向上
  • サテライトオフィスに現在何名いるかがわかるので、自分が立ち寄って利用可能かどうかが簡単にわかるようになります。
    また、誰がサテライトオフィスにいるかがわかるので、そのメンバーと打ち合わせを行うために立ち寄ったり、簡単な印刷を頼んでおくなど、サテライトオフィスの活用の幅が広げられます。

  • フリーアドレス化の不都合を解消
  • 誰がどのフロアーのどの辺りにいるかが簡単にわかるようになるので、フリーアドレスの導入に伴って発生する誰がどこにいるかわからないと言った不都合を解消できます。

プライバシーへの配慮

Codyl Findでは、位置情報は勤務時間中にのみメンバー間で共有されます。また、共有される情報は、管理者が事前に登録した場所の名前のみで、そのほかの場所にいるときは「外出中」と表示されるだけです。※1

自宅で仕事をしていることをメンバーに伝えたい場合は、自身のスマートフォンのアプリに自宅の場所を登録しておけば、誰にも自宅の場所を教えることなく、在宅勤務中であることを伝えることもできます。

また、勤務時間外や一時的に場所を通知したくないときは、位置情報の取得をOFFにすることも簡単にできます。

※1 別途「Sライセンス」(追加有償オプション)を導入し、詳細な位置情報を表示するように設定した場合は、住所とGoogleマップへのリンクが表示されるようになります。

対応環境

サーバー 不要(クラウド上にお客様専用のサーバーを当社が構築して提供)
※ 契約形態によっては、他のお客様とサーバーを共有する場合があります。
PC ウェブブラウザー(Chromeを推奨)
スマートフォン iOS、Android

料金

月額利用料:50,000円/100ユーザー(税別)より
※ 導入ユーザー数、契約形態によって月額利用料は異なります。詳細はお問い合わせください。

お問い合わせ

Codyl Findに関する問い合わせや試用の申し込みはこちら